2009年07月10日

HACHI

映画「HACHI 約束の犬」が、来月8月8日から、全国ロードショーされるのに先駆け、そのプロモーションのため、主演のリチャード・ギアさんが、来日されましたね。

これは、1987年に大ヒットした、日本映画「ハチ公物語」のハリウッドリメイク作品であることは、愛犬家の皆さんは、よーくご存知のことでしょう。米国のとある町を舞台に、大学教授と飼い犬との心温まる愛と絆を描くストーリー。舞台は、渋谷駅前から、米東海岸の架空の町の、ベッドリッジ駅へと替わったものの、忠誠を誓い、健気に持ち続ける「HACHI」の姿を、感動的に描いている点は同じ。JR渋谷駅前で開かれた「ハチ公銅像訪問記念セレモニー」に出席し、ハチ公の銅像とも、感動の初対面を果たし「初めて、本当のハチに会えて、ハッピーで、光栄な気分だよ。」と語っていたそうです。


m_10_7.jpg


映画に対する思い入れは、「これは、犬が主役の映画で、自分は二の次」と語るほどに、ひとしおであるらしく、注意深く、その心に敬意を払って演じたそう。
脚本を読んで、その内容に、涙が止まらなかった彼は、出演のみならず、制作にまで参加し、プロデューサーを務めることとなります。そして、監督に、愛犬家であるラッセ・ハルストレム氏を指名したという経緯が。「国境を越えて、人の心に響く物語なんだ。」と、この日も、力説されていたそうです。

日本で、永く愛され、語り継がれている「ハチ公物語」が、22年の年月を経て、海を越え、ハリウッドで映画化されることとなり、好演する秋田犬の風格と、何ともいえない、愛しさに、自然と引き寄せられていく、私の気持ち。主人の死後、実に、10年もの間、渋谷駅で待ち続けたハチ。「待つ」という行為に、特別な意味を感じたと言う、ギアさんは、奥が深い…だからこそ、シンプルに…そう思ったとのこと。予告版を観ただけで、涙が出そうになりますが、ハチに会いに、映画館へ行ってみようかなと思っています。



P1220473-090710-1.JPG P1220521-090710-2.JPG

「世の中には、立派なワンちゃんが、たくさんいるのよ〜」
そう、タックとクッキーに、言い聞かせてはみたものの。。。

P1220527-090710-3.JPG P1220595-090710-4.JPG
    画像はクリックして、大きくしてサーチ(調べる)ご覧下さいね。

犬犬 「ご褒美もらえるなら、待ってもいいかな?」



参加しています 
にほんブログ村 犬ブログへ ブログランキング ドット ネット click here ぴかぴか(新しい)
PG" />
posted by makiko at 23:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。