2011年03月21日

がんばれ日本!

多くの命が奪われ、かつての美しい景観や、素朴な町並みをも奪ってしまった
”未曾有の国難”とも言われる事態。

そうした中にありながら、被災した人々は、それでも「自分のことは、後回し」
にして、任務に就いたり、ボランティアに奮闘しています。
弱音を吐くことをせず、自分ができることを見つけて、被災者同士が、
手に手をとって、助け合って生きています。

長蛇の列の中でも、文句ひとつ言わず、整然と並んで、順番を待ち、
後ろに続く人への、心配りをしたり、
入浴するにも、時間や、お湯の量を考え、少しでも早く、次の人へ順番を回したり。
そして、どんな時でも、誰に対しても「ありがとう」の感謝の気持ちを忘れない。
それだけではなく、常に、ねぎらいの言葉と、気遣いがある。


「こんな状況に於かれたら、自国ではありえないこと。」と、
そんな日本人を称賛する声が、世界各国から寄せられているのだそうです。



line1.gif



東日本大震災の報道で、1面に日本語で「がんばれ、日本。がんばれ、東北」の
見出しを掲げた英日曜紙「インディペンデント・オン・サンデー」 

東日本大震災を受け、英日曜紙「インディペンデント・オン・サンデー」は13日、
1面に日の丸のデザインとともに、日本語で「がんばれ、日本。がんばれ、東北」と
見出しを掲げた。



20110314k0000m040089000p_size5.jpg




同紙は1面から7面までを震災報道に割いている。
また米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、
「不屈の日本」と題する社説を掲載した。

社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、
「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが
間違ってはいけない。
日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。


また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、
阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の
「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、
日本人の精神力の強さをたたえた。

同氏は、阪神大震災時の取材で、
崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、
支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。
「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、
秩序は実に高潔だった」と説明し、
「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。

毎日新聞 2011年3月13日 


posted by makiko at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

買いだめは控えましょう

人の為の避難グッズを、これから、いろいろ揃えようと思っている我が家は、
かなり出遅れているし、呑気過ぎという感じが否めませんが…

報道で知る限り、今、それを全て揃えるには、タイミングが宜しくない感じです。

ウチは、地震のあった、その日の夜に、懐中電灯の電池が足りなかったので、その分と、
使い捨てカイロを、サイズ違いで、1袋ずつと、ミネラルウォーターを少々買ったのですが…

ガソリンは、価格は、高騰中とはいえ、今のところ、普通に給油できています。
ですが、ご近所への買い物や、用足しは、極力、「徒歩で!」を実践。

「単一電池が、何処にもないです。」その通りでした。
「ろうそくも…」長時間タイプの大きさの物は、品薄でした。
「使い捨てカイロ」貼るタイプの物だけ、少し残っていました。
そして、「お一人様、1個限り」と限定されているものが多々。
お米や、チンするご飯、ミネラルウォーター、インスタントラーメン、カップめん等。
空きスペースとなった、あちらこちらの陳列棚には、
「東北地方の震災の影響で品薄になっております。申し訳ありません。」の張り紙あり。

被災地に、優先的に、物資が行き渡るように…
そのことに配慮するなら、平穏な生活をさせていただいている地域に住む者は、
買いだめは控えなければ…そう思っています。



P1380541-110320-1.JPG P1380541-110320-2.JPG



あまりのんびりしていて、これだけの現状を目にしながら、
万が一の際、困った事態に陥るのも情けない話。。。
物不足の日常が、少し落ち着きを取り戻し、そのことが気にならなくなった時期に、
避難グッズをしっかり揃えることにしよう、家族とそう話しています。
その時までに、情報収集しておきます。




posted by makiko at 23:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

計画停電

全国的に、節電の動きがある中、
北海道電力からも、被災地での電力不足への支援ということで、
60万kwの電力の供給をしているそうです。

こちらの、コンビニや、スーパー等でも、照明を抑えて、営業しています。

被災地の方々が、大変な経験をされた上、さらに、
不自由な生活を続けなくてはならないことを考えれば、
元気のある私たちが、昨日までの生活を少し改めることも厭わない、
そんな思いが、日本中にあるようです。

お水や、電気が、いかに大切な資源であるかを、身にしみて感じている今。
被災地に電力を供給しても、北海道に住む私たちが必要とする電力は、
充分に確保されているということですし、
さらに節電して、供給電力を増やしたいと思っても、
そういう状況にはならないらしいのです。

街中のライトアップがきれいで、賑やかだと、心も逸ります。
ですが、この事態に、節水や、節電を心掛けることは、すごく自然なことだと思います。

「計画停電」が実施されている地域では、不自由なこともあるのでしょうが、
街角で求められるメディアのインタビューに対して、
「何ともないよ、この位。」「被災地の人に比べたらね…」と、
そんな声ばかりで、心が、とっても温まります。



P1370947-110319.JPG



計画停電の備え(NHKニュースより)

1、エレベーターに閉じ込められない為、集合住宅では、階段を利用する。
2、ほとんどの固定電話が通じなくなる為、急病などの緊急時には、携帯電話や公衆電話を使う。
3、懐中電灯を用意する。
4、停電時にろうそくを使う場合、そばを離れず、移動する時に、必ず火を消す。
5、ストーブ、アイロンなどの熱機器は、停電が終わった後に再び過熱し火災になる可能性がある為、
使うたびにコンセントを抜く。
6、テレビやインターネットが使えなくなる為、停電中の最新情報は、携帯型ラジオで。
7、給水場が停電すると、断水する可能性もある為、ペットボトルや浴槽に水を保存しておく。
8、冷蔵庫の電源が落ちて、食材が傷むのを防ぐ為、水や保冷剤を凍らせて、食品を一緒に冷蔵庫に保存。
9、いつでも食事がとれるよう、料理はつくり置きに。


どんな時も、身の安全が、第一です。
お気を付け下さい。




posted by makiko at 23:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。